programmatic composition

プログラマによる音楽制作記

継続可能な学習の分解

なんだか随分時間があいてしまった。 振り返って反省をしてみる。

K

  • ピアノの練習は毎日している。

P

  • ピアノはいいんだけど弾くほうに集中しがちで音楽理論とかの学習にはそこまでつながっていない。
  • 和声の学習が滞っている。
    • 多分学習量を分解出来ていないのが原因。
  • いきなり大きく作ろうとしている。ある程度イメージが湧いても、着手して思い通りの音が作れなかったりするとそこで途切れたりする
    • 瞬発力、まとまった時間が必要なアプローチになっていて、そういった機会を作るのは難しい。

結論

結局のところ継続可能な学習の分解ができていなくて、1アクションが大きいために、時間を取れない、という事が起こっているんだなぁと思った。 達成したいイメージとして次を置く。

  • 日々学習を重ねて音楽理論の理解を深める
  • 日々制作を重ねて大きな作品を作るための作業を分解する知見を得る

どちらかというと、ライブをするとかコンペに出すとかの方がいいのではという気もしつつ。とりあえずこれで。

T

  • 週次で振り返る
  • 和声学習を分解して短時間で継続する構造をつくる
  • なんか数秒の曲を耳コピする(駅の発車メロディとか手頃じゃないかな)

がんばる