programmatic composition

プログラマによる音楽制作記

Logic Pro Xの学習 1曲作る

二声のフーガを作るべく音楽理論の基礎を勉強していて、対位法や和声法を少し深掘っていこうと考えつつも、 音楽理論の学習はそれなりに複雑で頭が疲れるので、別軸で気分転換的に実際の制作にも手を出していきたいなということで、 DAWの操作に慣れるという名目で、Logic Pro Xを購入し、色々と触って1曲作ることにした。 Logic Pro Xの操作に関しては主にYoutubeLogic Pro Xで検索して出て来るレクチャ動画を見て学んだ。

できたもの

Logic Pro Xのプロジェクトファイルとして4番目に作ったものを完成まで持っていったのでタイトルは04となっている。ツールを学ぶ目的で作ったのでテーマ性はなく、従って曲名もない。プリセットの音色を触りながら、音を配置し、耳心地が良いと思えたものを使った。楽曲の構成についても特に意図はなく、3分程度の長さを考えて作った。リズムパターンについてはLogic Pro Xに収録されている「Breaks Biggie Beat 01」というループを基本として使った。音色はほぼプリセットのままで、Chanel EQをすこしいじったり、Delayをかけたりした程度だった。マスタリングもマスタートラックから選択できるプリセットを使った。

今後試したいこと

Logic Pro Xはめちゃくちゃ機能が沢山あるので色々と触っていきたい。またサウンド・インスタレーション関連に興味が湧いてきたのでそちらもちょっとずつ進めたい。

  • ボコーダーを使う
  • chiptuneを作るためにソフトシンセで音作りをする
  • オートメーターを使う
  • ベースラインの作り方を学ぶ
  • ドラムパターン周りの作り方を学ぶ
  • マスタリング周りの知識を学ぶ
  • 声の入った楽曲を作る
  • サウンド・インスタレーション関連の何か
    • Maxを使ってみたり
  • GIMICなどを使った演奏

などなど。音楽理論や記譜などの学習と並行してやっていく。